MENU

めちゃコミック・コミックシーモア・Renta!どれを使うべきか比較してみた

目次

めちゃコミック・コミックシーモア・Renta!ではどのマンガアプリがいいか比較しました

漫画はかさばる紙書籍ではなく電子書籍で読む時代になりつつありますが、
電子書籍サービスが多くてどれを使えば良いか分からなかったりします。

今回は電子書籍サービスの中でもTVCMなどでお馴染みの
・めちゃコミック
・コミックシーモア
・Renta!
の3つを比較してみたいと思います。

 

取り扱い作品数はRenta!が一番多い

今回比較する3つの電子書籍サービスで一番取り扱い作品数が多いのは
「Renta!」です。

3つとも取り扱い作品数を明確には公表していませんが、それぞれの公式サイトには
・めちゃコミック 95,000作品以上
・コミックシーモア 10万冊以上
・Renta! レンタル27万冊、購入66万冊以上
と掲載されています。

連載中の人気漫画ならどれでも読めますが、連載の終わった古い漫画やマニアックな
漫画などは作品数の多いサービスでないと読めないことも考えられます。

取り扱い作品数の多いRenta!なら「自分は好きだったけど人気が無くて
すぐに連載が終わった」というような漫画でも読める可能性が高いわけです。

電子貸本 Renta!

 

コミックシーモアとRenta!は漫画以外も取り扱っている

めちゃコミックがほぼ漫画しか取り扱っていないのに対して、コミックシーモアと
Renta!では小説や雑誌、写真集など漫画以外の書籍も取り扱っています。

コミックシーモアもRenta!も漫画メインであり、
先に紹介した取り扱い作品数の大半が漫画であることには変わりありません。

ただコミックシーモアとRenta!では漫画以外も取り扱っていることで、
思ったよりも漫画の取り扱い数が多くないと感じることがあるかもしれないです。

 

無料で読める漫画作品数

今回比較している3つの電子書籍サービスでは、
無料で読める漫画作品が用意されています。

それぞれの無料で読める漫画作品数は
・めちゃコミック 10396作品104701話
・コミックシーモア 18762冊
・Renta! 全作品無料サンプルあり
となっています。

めちゃコミックとコミックシーモアでは、
作品は限られるものの、紙書籍1冊分ぐらいは十分に無料で読めるといった感じです。

Renta!は全作品を無料で読めるものの、1~2話程度で完全な試し読み感覚です。

1冊分ぐらい読めた方が作品の良さが伝わりやすいですが、
気になる作品が必ずしも無料で読める対象になっているとは限りません。

1~2話だと作品の良さは伝わりにくいものの、気になる作品が必ず無料で
試し読みできるので、Renta!の形式が利用者にとっては便利なのではないでしょうか。

 

めちゃコミックは購入のみ、シーモアとRenta!はレンタルも可能

めちゃコミックは購入のみでレンタルはできませんが、
コミックシーモアとRenta!では購入もレンタルも可能です。

電子書籍でも1冊購入すると400~500円はかかりますから、
試し読みせずに購入して、自分に合わなかった時には少し痛い金額となります。

レンタルなら1冊数十円程度だったりするので、
無料サンプルが無い漫画をレンタルして、自分に合うか試し読みすることができます。

ただコミックシーモアもRenta!も、購入とレンタルでは取り扱い作品数が大きく違い、
レンタルできる作品数は、購入できる作品数に比べると大幅に少ないです。

また人気作品ほどレンタル対象になっていなかったりするので、
必ずしもレンタルで読みたい作品が読めるわけではありません。

めちゃコミックは購入のみですが、1冊単位だけでなく1話単位での購入も可能で、
1話単位だと20~50円ぐらいで購入できます。

2~3話購入して自分に合うか試し読みしてみて、1冊単位で購入するかどうかを決める
といった使い方も可能です。

 

料金は月額か都度課金

今回比較している3つの電子書籍サービスの料金システムですが、
めちゃコミックとコミックシーモアは、月額と都度課金が選べるようになっています。

Renta!は都度課金のみで月額料金のシステムはありません。

購入したポイントを使って漫画を購入・レンタルするのは共通で、
そのポイントを月額料金を払って購入するか、その都度購入するかの違いです。

ちなみにめちゃコミックはブラウザ版は月額料金制、アプリ版は都度課金制で
購入したポイントの共有はできないので注意してください。

めちゃコミックとコミックシーモアでは、一定額以上の月額料金を払うとボーナスポイントが
貰えるので、頻繁に使うなら都度課金より月額料金の方がお得です。

 

漫画の販売価格はほとんど変わらない

電子書籍サービスの利用を検討する上で、漫画の販売価格は気になるポイントですが、
今回比較している3つの電子書籍サービスでは、差はほとんどありません。

人気作品ほど販売価格は同じようになっていて、例えば「キングダム」の
2022年10月現在の最新巻66巻の販売価格はいずれも570ポイント(570円)です。

マイナー作品や古い作品だと多少価格差は出てくるかもしれませんが、
最近の人気作品は、どのサービスで購入しても同じ値段だと思って良いぐらいです。

電子書籍は再販制度の対象外なので、
同じ作品でも、販売店ごとに価格が違っていてもおかしくはありません。

ただ恐らく、今回比較している3つの電子書籍サービスは卸売ではなく
委託販売の形になっているので、販売価格が同じになっていると思われます。

委託販売だと電子書籍の販売を請け負っているだけなので
販売店は価格を自由に決められません。

最新の人気作品は、出版社が卸売ではなく委託販売にすることで安売りされるのを防ぎ、
販売価格を維持しているのではないかと考えられます。

委託販売で出版社に価格決定権がある以上は、どの電子書籍サービスを利用しても
人気作品は同じ価格で購入せざるをえないことになるわけです。

 

推奨環境は3つの電子書籍サービスで微妙に違う

今回比較している3つの電子書籍サービスでは、電子書籍を閲覧するのに必要な
スマホやパソコンのスペック、いわゆる推奨環境が設けられています。

推奨環境に適合していないスマホやパソコンでは絶対に閲覧できないわけでは
ありませんが、閲覧できない可能性が高いです。

スマホの推奨環境は
・めちゃコミック iOS12.0以降 Android5以降
・コミックシーモア iOS12.0以降 Android6.0以降
・Renta! iOS10.0以降 Android6.0以降
となっています。

Renta!は少し古めのiPhoneでも見られますが、
Androidスマホは比較的新しいものでないと見られません。

反対にめちゃコミックはAndroidスマホは少し古い機種でも見られるものの、
iPhoneだと比較的新しい機種でないと見られないことになります。

パソコンは
・めちゃコミック Windows8.1以降 MacOS X 10.11以降
・コミックシーモア Windows8.1/10/11 MacOS X 10.14以降
・Renta! Windows8.1/10 MacOS X
となっています。

メーカーサポートが受けられるOSのスマホ・パソコンを使っていれば問題無いですが、
OSのバージョンアップが必要なケースもあるので注意しましょう。

 

まとめ

電子書籍サービスの
・めちゃコミック
・コミックシーモア
・Renta!
の3つを比較しましたが、料金面では大きな差はありませんでした。

料金が変わらないとなると「読みたい作品を取り扱っているか」が
電子書籍サービスを選ぶ重要なポイントとなります。

取り扱い作品数はRenta!が一番多いものの、
Renta!に無い作品が他のサービスにある可能性もゼロではありません。

どの電子書籍サービスを使うか決める前に、
自分が読みたい作品を取り扱っているかを確認しましょう。

電子貸本 Renta!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次