MENU

Nasの名曲「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」感想・レビュー

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

Nasの魂を刻む名曲:「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」

イルでドープなみれぃです!ヘッズのみなさん、いつも通りのご挨拶ですね。

前回はNasの「N.Y. State of Mind」を紐解いていったんだけど、今日は彼のまた別の一曲、あの「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」について語りたいと思います。

 

「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」の概要

「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」もまた、Nasの伝説的デビューアルバム「Illmatic」(1994年リリース)に収録されている一曲です。

この曲は、まるで時を遡ってNasの思い出の路地に連れて行ってくれるような、そんな魅力に満ちています。

 

臨場感あふれる詩的なリリック

まずこの曲の一番の特徴は、もちろんそのリリック。Nasの詩的なリリックは、彼が育ったニューヨーク、クイーンズブリッジの過去を描き出します。

彼のリリックの中には、昔の仲間たち、かつての恋人、そしてそこに生きる人々の日常が具体的に描かれています。それはまるで、うちらがその場所を歩いているかのような臨場感。彼の言葉の中には、彼の心情や経験、そしてそれが彼自身をどのように形成してきたのかが見え隠れします。

 

自由自在なフロウ

リリックだけではありません、Nasのフロウにも注目です。彼のフロウはリリックの内容をより深く伝えるための重要なツールとなっているんだよね。

なめらかで自由自在な彼のフロウは、まるでジャズミュージシャンの即興演奏のよう。それぞれの言葉がビートに乗りながら織りなす旋律は、聴く者を魅了します。

 

言葉をリアルに醸し出すビート

そしてもちろん、この曲のビートについても触れておかないとね。DJ Premierによる再びのプロデュースは、リリックとフロウを見事に引き立てています。そのビートは、サンプリングされた旋律とドラムが織りなすリズムが、Nasの言葉をより一層リアルに、より一層深く響かせるの。

「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」を聴くと、私が感じるのは、彼の描く思い出の中のストリートのリアルさと、それをどこか温かい視点で綴ったNas自身の成長の物語です。

彼の詩的なリリックとフロウ、そしてDJ Premierのビートが組み合わさることで、一つのストーリーが生まれます。それは彼自身が経験してきた、ニューヨークのリアルなストリートの風景。彼の言葉からは、過去の辛さや苦しみ、それでもなお生き抜いてきた力が感じられます。

 

人生の追体験とストリートのエッセンス

何度もリピートして聴くと、うちらはNasの世界観に深く引き込まれていくんです。リリックを紐解きながら、彼のメッセージを感じ取る。それがこの曲を聴く楽しみの一つです。この曲には、彼が成長してきたストリートの現実と、そこで経験したことが如実に描かれています。

Nasの「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」は人生の追体験です。ストリート系ファッションが好きな私にとって、彼の言葉から感じるストリートのエッセンスは、日々のスタイルにも大きな影響を与えています。彼の言葉から紡ぎだされる人生の追憶そのものが、聴くたびにファッションや行動にも反映されるんです。

この「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」、ヒップホップファンならずとも一度は聴いてみて欲しい。そのリリックとフロウ、そしてビートが生み出す世界は、あなたの視界を広げること間違いなしです。

 

「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」を聴いてみよう!

それでは、みなさんもNasの「Memory Lane (Sittin’ in da Park)」で、一緒に彼の思い出のストリートを体感しませんか?音楽を通じて、私たちの心はひとつに繋がっている。私たちの思考はミュージックと共にあるのです。

それではまた次回、新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。次回もお楽しみに!それでは、Peace out!

Amazon Music Unlimited

Columbia
¥1,619 (2024/03/04 16:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次