MENU

「Sampling(サンプリング)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「Sampling(サンプリング)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃです!ヒップホップの世界はチェックした?ラップとヒップホップの魅力を一緒に探る時間、始まるよ!🔥

今日は、ヒップホップが生み出した魅力的なスラング「Sampling」について深堀りしたいと思うの。

ヒップホップヘッズにとって、これはおなじみの用語だよね。

 

「Sampling(サンプリング)」は、既存の音楽やサウンドを引用する技術

「Sampling」とは、既存の音楽やサウンドを引用または再利用する技術を指すんだよね。

具体的には、ある音楽の一部分を切り取って、自分の曲に取り入れて新たな音楽を生み出すこと。英語でいう「Take a piece」から来ているよ。

「Sampling(サンプリング)」では、引用が自分の音楽でどう活かされているかが重要

だけどね、「ただ引用する」だけじゃなくて、その引用が自分の音楽の中でどう活かされているか、ってところが「Sampling」のキモなんだよ。

だから、例えば、ジャズの名曲からドラムの部分を取り出して、自分のビートに取り入れる。それを「Sampling」として表現するの。

「Sampling(サンプリング)」は、ビートメイキングで欠かせない要素

そして、この「Sampling」、ラップのビートメイキングにおいて欠かせない要素なんだよね。

プロデューサーたちは「Sampling」を使って独自のビートを作り出し、その音楽性を聴く者に示すんだ。

だから、ビートを解析するときは、「Sampling」を理解しているかどうかが重要なんだ。

「Sampling(サンプリング)」は、影響を受けること

でも、「Sampling」にはもう一つ、ちょっと違った意味もあるんだ。それなんだけど、「影響を受ける」、「リスペクトを示す」こともあるの。

だから、プロデューサーが「Sampling the classics」と言ってる場合、それは彼が古き良き音楽から影響を受けて、それを新たな形で表現していることを示しているんだ。

 

「Sampling(サンプリング)」の用例を学ぼう!

「Sampling(サンプリング)」の用例について探求してみよう!

次の「Sampling(サンプリング)」はどういう意味かな?

さて、ここでちょっとしたQuiz!以下のビートの解説は「Sampling」をどう使っているか分かる?

「Yeah, we be sampling that jazzy vibes, flipping it into a head-bopping beat,
Got the street bouncing, yes, it’s so heat.」

その通り!このビート解説では、「Sampling」は既存の音楽(jazzy vibes)を再利用し、それを新たな形(head-bopping beat)に変えることを表しているよね。

プロデューサーはジャズの要素を自分のビートに取り入れて、ストリートが踊るような音を生み出している。これがまさに「Sampling」の典型的な例なんだよ。

さあ、「Sampling(サンプリング)」を使ってみよう!

じゃあ、ここで「Sampling」を使った一節を自分で書いてみよう!

「うちが新しくゲットしたビニールレコード、それをSamplingしたビートがまさにHeat」って感じかな。

うん、うちの新しいトラック、めちゃくちゃいい感じだよ!

 

自分なりの「Sampling(サンプリング)」を見つけてね!

みんなも自分なりの「Sampling」を見つけて、それを自信を持って表現することが大切だよ。

自分だけのビートを見つけて、それを「Sampling」として活用してみてね。それがヒップホップの世界だからさ!

それじゃあ、この辺で。次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!それでは、Stay Sampling, Peace Out!✌️💕

 

¥600 (2024/07/22 06:42:06時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次