MENU

「Producer(プロデューサー)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「Producer(プロデューサー)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃです!ヒップホップの世界からまた新しい話題を持ってきたよ!

今回のテーマは、ヒップホップ界では超重要な存在で、音楽のバックボーンを支えている「Producer(プロデューサー)」。準備はいい?さぁ、一緒にこの世界を探検していこう!

 

「Producer(プロデューサー)」、ヒップホップではちょっと違うよ!

「Producer」って言葉、聞いたことあるよね。映画とか音楽とか色々なエンタメ業界で使われてるし、大体のイメージはあるはず。

でも、ヒップホップにおける「Producer」の役割って、それとはちょっと違うんだよね。

Producer(プロデューサー)は、楽曲制作全般に関わる存在

ヒップホップの「Producer」は、曲作りの中心的な役割を果たしていて、ビートメイキング、サウンドデザイン、ミキシング、マスタリングなど、楽曲制作全体を司る存在なんだ。

だから英語でいうところの “Beat Maker” に近いけど、それ以上の役割を持っているの。

そして、それぞれのProducerが持っているスタイルやテクニックが曲の質や個性を大きく左右する。そのProducerが手掛けた曲によっては、そのサウンドだけで「あ、この曲〇〇のProducerが作ったんだな」って分かることもあるくらい。それくらい影響力が大きいんだよ。

Producer(プロデューサー)は、ビートと音色で自分を表現

だから、ラッパーやMCリリックフロウで自分を表現するのと同じように、Producerはビートと音色で自分を表現しているんだ。

それがどれだけオリジナルで、どれだけそのProducerの個性が出ているか、ってところが大切なの。

Producer(プロデューサー)は、ラッパーと一緒に曲を作り上げる

でもね、「Producer」ってただ音楽を作ってるだけじゃないんだよね。

彼らはアーティストと密に連携して、曲の方向性を決めたり、アレンジを考えたり、リリックビートが上手くマッチするように調整したりする。

だから、ラッパーとProducerが一緒に働いて初めて一つの曲が完成するの。

そしてね、この「Producer」の役割、それを理解すると、ヒップホップ音楽の深い部分に触れることができるんだ。

例えば、ラッパーが「Shout out to my producer」とか言っているとき、それは彼がその曲を生み出すためにProducerと一緒に頑張ったことを讃えているんだよ。

「Producer(プロデューサー)」の用例を学ぼう!

次の「Producer(プロデューサー)」は、どういう意味かな?

さて、ここでちょっとしたQuiz!以下のリリックは「Producer」をどう使っているか分かる?

「I spit rhymes over beats from my producer,
We workin’ late in the lab, like we tryin’ to find a cure.」

その通り!このリリックでは、ラッパーは自分のProducerと一緒にスタジオ(Lab)で遅くまで作業をしている様子を描いている。これはまさにヒップホップにおける「Producer」の一面を表しているんだ。

さあ、「Producer(プロデューサー)」を使ってみよう!

じゃあ、ここで「Producer」を使った一節を自分で書いてみよう!

「うちの新曲、すごく良い感じに仕上がってるの。それもこれも、うちのProducerのおかげ」って感じかな。

 

自分なりの「Producer(プロデューサー)」を見つけてね!

みんなも自分の音楽の旅に「Producer」の存在を加えて、その力を活用することが大切だよ。ヒップホップは単なるラップだけじゃなく、音楽全体を包括したカルチャーなんだから!

それじゃあ、また次回新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!それでは、Stay Grinding, Peace Out!

 

¥2,599 (2024/03/04 16:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次