MENU

「Rap(ラップ)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「Rap(ラップ)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃです!ヒップホップラバーならもちろん、ラップに興味があるみんなに送る今日のトピックは、スラング「Rap(ラップ)」について。

だって、「Rap」っていつも口にするけど、その本当の意味、知ってる?今日はそれを掘り下げていこうと思うよ!

 

「Rap(ラップ)」はリズムに乗せて詩を語ること?それだけじゃないよ!

「Rap」、基本的には、リズムに乗せて詩を語ること、つまりラップすることだよね。でも、それだけじゃないんだ。ヒップホップの世界では、’Rap’は音楽形式だけでなく、一種のコミュニケーションスタイル、表現方法、さらには人生観までを含んでいるんだ。

Rap(ラップ)とは、自己主張をすること

ラッパーたちがリリックで語る内容は、自分たちの生活や感じたこと、考えていることなど、まさに自分自身のストーリーそのもの。

だから、’Rap’をするということは、自分自身を表現し、自己主張することなんだよね。

Rap(ラップ)とは、説明をすること

またね、ヒップホップコミュニティでは、「Rap」が「話す」、「説明する」などの意味でも使われてるんだ。「Yo, I gotta rap with you about something」とか言うとき、それは「話をしたいことがあるんだ」という意味になるんだよ。

Rap(ラップ)とは、責任を持つこと

そして、さらに深く行くと、「Rap」は「責任を持つ」や「重要な役割を果たす」などの意味にも使われることがあるの。例えば、「He’s got a bad rap」は、「彼には悪い評判がついている」っていう意味になるよ。

 

「Rap(ラップ)」の用例を学ぼう!

次の「Rap(ラップ)」はどういう意味かな?

さて、ここでQuiz!以下のリリックは「Rap」をどう使っているか分かる?

「I rap my truth, and it’s a hard pill,
They can’t handle it, but that’s their deal.」

その通り!このリリックでは、「Rap」は自己表現、つまりラッパーが自分自身の真実を語る、という意味で使われているよね。

ラッパーは自分自身の経験や真実をリリックに織り込み、それが他人にとって受け入れがたいかもしれないけど、それは彼らの問題だと歌っているんだ。

さあ、「Rap(ラップ)」を使ってみよう!

じゃあ、ここで自分なりの「Rap」を試してみよう!

「うちが感じたこと、それをRapにのせて伝える」って感じかな。例えば、「うちの心の中、いつも音楽で溢れてるよ!」うん、それがまさにうちの「Rap」だね!

 

自分なりの「Rap(ラップ)」を見つけてね!

自分自身を表現する方法はいろいろあるけど、’Rap’はその一つ。だから、みんなも自分なりの「Rap」を見つけて、それを自信を持って伝えてみてね。それがヒップホップの魂だからさ!

それじゃあ、この辺で。次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!それでは、Keep Rapping, Peace Out!

 

サランラップ
¥342 (2024/03/04 19:53:58時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次