MENU

「Rapper(ラッパー)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「Rapper(ラッパー)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは!みれぃだよ。ヒップホップ界の最新情報、もうチェックした?さあ、今日も一緒にラップの世界へ飛び込んでいこう!

今回のテーマは、ヒップホップカルチャーの中心である「Rapper(ラッパー)」について。ラップと言えば、Rapperが欠かせないよね。

「Rapper(ラッパー)」は、ラップをする人?それだけじゃないよ!

「Rapper」の直訳は、「ラッパー」。つまり、ラップをする人のことを指す言葉なんだ。

Rapper(ラッパー)は、存在自体がカルチャーでアート

でも、ただラップをするだけじゃなくて、Rapperはその存在自体がカルチャー、それ自体がアートなんだよね。

言葉を巧みに操り、音楽に乗せて自分のメッセージを伝える。それがRapperの仕事なの。

「Rapper(ラッパー)」には、独特のスラングがたくさん

そして、Rapperには独特のスラングがたくさんあるんだよね。「Dope」、「Lit」、「Chill」…この辺のスラングはもうご存じかな?

これらは全てアメリカのヘッズが日常的に使っている言葉で、「Dope」は「素晴らしい」、「Lit」は「楽しい」、「Chill」は「リラックスする」などの意味があるんだ。

「Rapper(ラッパー)」には、いろんな種類がいる

さて、「Rapper」に戻ろう。Rapperといっても色々な種類がいるんだよね。MC(Master of Ceremonies)という言葉を聞いたことある?

これは、パーティーやライブでオーディエンスを盛り上げるRapperのことを指すんだ。

また、一部のRapperは、社会問題についてラップすることで有名。これを Conscious Rapper(意識高いラッパー)って呼んだりもするんだ。

「Rapper(ラッパー)」に大切なこと、それは自分自身を表現すること

でも、一番大切なのは、Rapperは自分自身を表現すること。その表現方法は、リリックフロウ、パフォーマンス、そしてスタイルなど色々あるけど、それぞれが自分の「Flex」を見せる場となるのさ。

「Rapper(ラッパー)」の用例を学ぼう!

次の「Rapper(ラッパー)」はどういう意味かな?

それでは、今回も例のごとく、Rapperがスラングを使っているリリックのクイズタイム!以下のリリックで、「Dope」、「Lit」、「Chill」のどれが使われているかわかる?

「I spit it so dope, crowds can’t chill,
Every stage I rock, it’s lit, it’s real.」

そう、このリリックでは、「Dope」、「Lit」、「Chill」の全てが使われているんだよね。

Rapperは自分のラップがとても素晴らしい(Dope)こと、観客が興奮して落ち着かない(Can’t Chill)こと、そして自分が演奏するステージがいつも楽しい(Lit)と表現している。

さあ、「Rapper(ラッパー)」を使ってみよう!

さあ、私もRapperになったつもりで、スラングを使った一節を作ってみよう。

「うちのライフ、それがまさにDope。全てがLitで、Chillな時間なんてない」。うん、うちの日常、本当にワクワクするね!

 

自分なりの「Rapper(ラッパー)」を見つけてね!

Rapperとして大切なのは、自分自身を信じて、自分のメッセージを堂々と表現すること。

そんなRapperの姿勢を学びつつ、自分なりの「Dope」を見つけて、それを「Lit」に表現してみてね。それがヒップホップの世界だからさ!

それじゃあ、また次回!新たなヒップホップの話題で待っててね!Stay Dope, Stay Lit, Peace Out!

 

Interscope Records
¥1,292 (2024/04/20 20:44:24時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次