MENU

「Dis(ディス)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「Dis(ディス)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃだよ!🎤✨

新たなヒップホップ情報を持ってきたよ。

さあ、今日もラップの魅力を深掘りしていこうね!🎶

今回のテーマは、ヒップホップ界でよく使われる言葉、「dis(ディス)」についてだよ。

ラップバトルでよく耳にするこのワード、本当の意味を知ってる?

 

「Dis(ディス)」は、他人をけなす、あるいは侮辱すること

「Dis」は、”disrespect”(不敬)の略で、他人をけなす、あるいは侮辱することを指すんだ。

もともとは黒人英語(African American Vernacular English)の一部で、ヒップホップカルチャーが広がるにつれて一般的に使われるようになったよ。

日常でも、「disる」っていうじゃない?

「dis」は単なる侮辱ではなく、自己表現や自己主張の手段

ラップバトルでは、「dis」はほとんど必須とも言える要素で、他のラッパーのスキルを低く見積もったり、自分の方が優れていることを強調するために使われるんだ。

だから、「dis」は単なる侮辱ではなく、自己表現や自己主張の手段とも言えるの。

ラップで「dis」を使うには、リスペクトが大切

でも、ラップ界で「dis」を使うには注意が必要だよ。

だって、それがただの悪口になってしまうと、リスペクトを失ってしまうかもしれないから。

本当の「dis」は相手を侮辱するだけでなく、自分のスキルや思想を表現するためのもの。

それが「dis」の本当の力なんだ。

リリックを解析するときには、「dis」の理解が重要

さて、「dis」はラップのリリックでもよく見かけるよね。

ラッパーたちが自分の「dis」をリリックに込めることで、自分のスタイルや信念を表現しているんだ。

だから、リリックを解析するときには、「dis」の理解が重要なんだよ。

例えば、「You ain’t nothing but a wannabe, can’t even spit a bar properly.」

この一節では、相手が本物のラッパーとは程遠い、「wannabe(ワナビ、なりたがり)」で、ラップすらまともにできないと侮辱している。

あわせて読みたい
「Wannabe(ワナビ)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説 【「Wannabe(ワナビ)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!】 こんにちは、みれぃです!🎤✨ ヒップホップのビートが...

これこそが、真の「dis」の使い方だよね。

 

「Dis(ディス)」の用例を学ぼう!

「Dis(ディス)」の用例を探求してみよう!🎵

次の「Dis(ディス)」はどういう意味かな?

ところで、ちょっとしたQuiz!

次のリリックの中で「dis」はどう使われているかわかる?

「I spit fire, you just a lighter. Ain’t got the talent, only got the attire.」

その通り!

このリリックでは、「dis」は自分が火を吹くようなリリックを吐く一方で、相手はただのライターで、才能がなく、見かけだけのラッパーだと侮辱しているんだ。

これこそが「dis」の典型的な使い方だよね。

さあ、「Dis(ディス)」を使ってみよう!

さあ、ここで「dis」を使って一節を自分で書いてみるね。

「You’re claiming the crown, but you ain’t got the sound, just a clown lost in the crowd.」

うーん、うちのラップスキル、さすがにすごいでしょ?笑

 

自分なりの「Dis(ディス)」を見つけてね!

最後にみんなへのメッセージ💌

みんなも自分なりの「dis」を見つけて、それを自信を持って表現することが大切だよ。

それがヒップホップの世界だからね!

じゃあ、ここまで!

次回も新たなヒップホップの話題で会おうね。楽しみに待ってて!

それでは、Stay Disin’, Peace Out!✌️💕

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次