MENU

「Wannabe(ワナビ)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「Wannabe(ワナビ)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃです!🎤✨

ヒップホップのビートが心を揺さぶってるよね?

今日も一緒にラップカルチャーに浸っていこう!🔥

今日のテーマは、ヒップホップカルチャーが世に送り出した、ちょっと辛口なスラング「Wannabe(ワナビ)」について紐解いていこうと思います。

「Wannabe」、聞いたことあるかな?

 

「Wannabe(ワナビ)」は、本物を装う偽者

「Wannabe」は、直訳すると「~になりたがる」って意味だけど、ヒップホップ界ではもう少しニュアンスが深いんだよね。

本物を装う偽者、つまり「ポーズ」とも言えるね。

真剣に取り組んでいる人たちにとって、ただ見た目だけで真似をしている「Wannabe」はちょっと困った存在かも。

「Wannabe(ワナビ)」は、スタイルやパーソナリティへの反映に無頓着

だけどさ、ただ真似するだけの「Wannabe」は、それが自分自身のスタイルやパーソナリティにどう映っているかを気にしないからこそ、問題なんだよね。

たとえば、有名なラッパーのフロウをパクったり、ストリートブランドの服を着てみたり、そんな感じ。

ラップのリリックにも登場する「Wannabe」

でもね、この「Wannabe」って言葉、ラップのリリックにも出てくることがあるんだ。

ラッパーたちは自分たちが真剣に音楽を追求していることを表現し、その逆である「Wannabe」を否定する。

だから、リリックを理解するときには、「Wannabe」っていうスラングを理解していることが大切だよ。

「Wannabe」は、「未熟者」「新参者」を指すこともある

さらに、「Wannabe」にはもう一つ、ちょっと違った意味もあるんだ。

「未熟者」、「新参者」を指すこともあるの。

だから、ラッパーが「Wannabe in the game」とか言ってる場合、それは彼がまだ新人で、経験やスキルが足りないことを表しているんだ。

 

「Wannabe(ワナビ)」の用例を学ぼう!

「Wannabe(ワナビ)」の用例を探求してみよう!🎵

次の「Wannabe(ワナビ)」はどういう意味かな?

それじゃ、ちょっとしたQuizタイム!🎉

以下のリリック、「Wannabe」はどう使われているかわかる?

「Don’t be a wannabe, be true to you,
Stop tryin’ to flex like you in the crew.」

その通り!

このリリックでは、「Wannabe」は偽物を意味しているよね。

リリックの中で、ラッパーは、ただ見た目だけを真似てグループの一員のように振る舞うのをやめ、自分自身であることを勧めている。

これがまさに「Wannabe」の典型的な使い方だよ。

さあ、「Wannabe(ワナビ)」を使ってみよう!

じゃあ、ここで「Wannabe」を使った一節を自分で作ってみよう。

「うちの新しく買ったスニーカーがさ、もう完全にWannabeな感じでさ」。

うーん、やっぱり本物のスニーカーヘッズからしたら、うちの新しいキックス、ちょっとダサいかもね…。

 

自分なりに「Wannabe(ワナビ)」を受け入れよう!

でも大事なのは、自分なりの「Wannabe」を受け入れて、それを自信を持って表現すること。

真似から始まってもいい、そのうち自分だけのスタイルが見つかるはずだから。

それがヒップホップの世界だからさ!🔥

それじゃあ、この辺で。次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。

待っててね!それでは、Stay True, No Wannabes, Peace Out!✌️💕

ハウスねりスパイス
¥682 (2024/05/25 12:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次