MENU

「B-girl(ビーガール)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

ヒップホップヘッズが知るべき!「B-girl(ビーガール)」ってヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃです!🎤✨

いつもヒップホップ情報をチェックしてくれてありがとう💜

今日も一緒にこのユニークな音楽文化の世界を探求しようぜ!🔥

今日のテーマは、ヒップホップシーンで耳にするおしゃれなスラング、「B-girl(ビーガール)」について詳しく解説したいと思います。

「B-girl」って言葉、ヒップホップヘッズの間ではお馴染みだよね。

 

「B-girl(ビーガール)」は、女性のブレイクダンサー

「B-girl」は、女性のブレイクダンサーを指すスラング。

もともとは1970年代のニューヨークで誕生したヒップホップカルチャーの一部で、男性版は「B-boy」と呼ばれるんだ。

“B”は”break”から来ていて、つまり、「break dancing girl」の略なんだよね。

あわせて読みたい
「B-boy(ビーボーイ)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説 【「B-boy(ビーボーイ)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!】 こんにちは!お待たせしたね、みれぃだよ。 久々にヒ...

「B-girl」は、ヒップホップの文化を体現、精神を共有し、自分のアイデンティティを表現する女性のこと

だけどさ、「B-girl」っていうのは、ただ単にブレイクダンスを踊る女性ってだけじゃないんだ。

それ以上に、ヒップホップの文化を体現し、その精神を共有し、そして何よりも自分自身のアイデンティティを表現することを大切にする女性のことを指すの。

だから、その街角で踊り続けるB-girlたちは、自分たちのスタイルやパーソナリティをブレイクダンスを通じて見せつけるんだ。

たとえば、自分だけのユニークなムーブや、自分の街のストーリーをダンスに落とし込むことで、「B-girl」としての自己表現を達成するの。

この「B-girl」っていうフレーズ、ヒップホップの曲のリリックにもよく出てくるよね。

MCたちは自分たちのリリックでB-girlたちの存在を讃え、そのスキルとパッションを聴く者に伝えるんだ。

「B-girl」は、「気骨のある女性」「力強い女性」を意味することもある

さらに、「B-girl」にはもう一つ面白い側面があってね。

それは、「気骨のある女性」、「力強い女性」を意味することもあるの。

だから、「She’s a true B-girl」と言う時、それは彼女がただのダンサーでなく、ヒップホップの精神を持った強い女性だってことを示しているんだよ。

 

「B-girl(ビーガール)」の用例を学ぼう!

「B-girl(ビーガール)」の用例を探求してみよう!🎵

次の「B-girl(ビーガール)」はどういう意味かな?

じゃあ、ここでQuiz!

以下のリリックは「B-girl」をどう使っているか分かる?

「She’s a B-girl, in this hip hop world,
Spinnin’ on her head, as her story unfurls.」

そう!このリリックでは、「B-girl」は自分自身の物語をダンスで表現する女性の象徴として使われているよね。

リリックの中で、B-girlは自分のストーリーをブレイクダンスの一部として世界に放つ。

これがまさに「B-girl」の真髄なんだ。

さあ、「B-girl(ビーガール)」を使ってみよう!

それじゃ、ここで「B-girl」を使った一節を自分で書いてみようかな。

「うちの新しいスニーカー、それがまさにB-girlのスタイル」って感じかな。

うん、この新しいキックス、本当にB-girlらしくてカッコいいよね!

 

自分なりの「B-girl(ビーガール)」を見つけてね!

みんなも自分なりの「B-girl」スタイルを見つけて、それを自信を持って表現することが大切だよ。

自分だけのスタイルを見つけて、それを全力で見せつけてみてね。それがヒップホップの世界だからさ!

それじゃあ、この辺で。

次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!

それでは、Stay B-girling, Peace Out!✌️💕

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次