MENU

「B-boy(ビーボーイ)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「B-boy(ビーボーイ)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは!お待たせしたね、みれぃだよ。

久々にヒップホップの世界に浸ろうよ!🎵

今日は、ヒップホップカルチャーに欠かせない言葉、「B-boy」について掘り下げていこうと思うんだ。

 

「B-boy(ビーボーイ)」ってそもそも誰?

「B-boy」って聞いたことあるかな?

ヒップホップシーンでは一部のマニアックな人たちだけが使うわけじゃなくて、本当に広く使われている言葉なんだよ。

でも、その意味や起源についてはちゃんと知ってる人は少ないかもね。

「B-boy(ビーボーイ)」はもともと、「ブレイクダンスを踊る男性」

「B-boy」はもともと、1970年代のニューヨーク、ブロンクスで生まれたヒップホップカルチャーの一部で、ブレイクダンスを踊る男性を指す言葉だよ。

「B」は”Break”を指し、”Boy”は男性を意味するから、文字通り訳すと「ブレイクダンスを踊る男性」ってことになるよ。

女性版は、「B-girl」と呼ばれるよ。

あわせて読みたい
「B-girl(ビーガール)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説 【ヒップホップヘッズが知るべき!「B-girl(ビーガール)」ってヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!】 こんにちは、みれぃ...

今は、ヒップホップのライフスタイルを愛するすべての男性

だけど、時間と共に「B-boy」は、ブレイクダンスを踊る男性だけでなく、ヒップホップカルチャーを愛し、リスペクトし、それを生きるすべての男性を指すようになったんだ。

だから、DJやグラフィティアーティスト、ラッパー、なんでも良い。

ヒップホップのライフスタイルを愛するすべての男性は「B-boy」になれるの。

「On my b-boy shit」というスラング

それでさ、もう一つ面白い事実があるんだ。

「B-boy」は、アメリカのヘッズが使うスラングでもあるの。

「On my b-boy shit」ってフレーズがあるんだけど、これは「自分が本当にヒップホップを楽しんでいる、それをリアルに生きている」という意味になるんだ。

例えば、「今日はStudioで新曲を作ったよ、本当にon my b-boy shitだった!」って言うと、「今日はスタジオで新曲を作って、本当にヒップホップを楽しんでいた」って意味になるよね。

この使い方、カッコいいと思わない?

 

「B-boy(ビーボーイ)」の用例を学ぼう!

「B-boy(ビーボーイ)」の用例を探求してみよう!🎵

次の「B-boy(ビーボーイ)」はどういう意味かな?

さて、ここで小さなQuiz!

以下のリリック、「B-boy」はどう使われているか分かるかな?

「B-boy stance, I’m not here to dance,
I’m so fresh, yes, I get it from my head to my pants」

そう、このリリックでは、「B-boy」は自身のスタイルとヒップホップへの愛情を誇示するために使われているんだ。

ラッパーは自分がヒップホップカルチャーに深く根ざしていることを、”B-boy stance”と表現しているんだよね。

さあ、「B-boy(ビーボーイ)」を使ってみよう!

それじゃ、ここで”B-boy”を使ったフレーズを考えてみるよ!

「彼のB-boyスタイル、それがまさにFlex」って感じかな。うん。

 

自分なりの「B-boy(ビーボーイ)」を見つけてね!

みんなも自分だけの「B-boy」を見つけて、それを誇りに思って表現することが大切だよ。

自分だけのスタイルを見つけて、それを「B-boy」として見せつけてみてね。それがヒップホップの世界だからさ!

それじゃ、今回はこの辺で。

次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!

それでは、Stay Flexin’, Peace Out!✌️💕

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次