MENU

「Vibes(バイブス)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「Vibes(バイブス)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃです!🎤ヒップホップの波に乗って一緒に音楽の世界を探検しようぜ!✨

今日は私たちがよく使うスラング、「Vibes(バイブス)」について深掘りしたいと思います。

このワード、ヒップホップヘッズにはお馴染みだよね。

 

「Vibes(バイブス)」は「雰囲気」や「感じ」。でもそれだけじゃないよ!

「Vibes」の基本的な意味は、雰囲気や感じという意味。

英語では”vibrations”の略で、文字通り「振動」を意味するんだけど、ヒップホップカルチャーでは「感じ」や「雰囲気」を表現するために使われるんだよね。

例えば、「This place has good vibes」って言うとき、それはその場所が良い雰囲気で、ポジティブな感じがあると言いたいんだ。

逆に、「Bad vibes」はネガティブな雰囲気を表していて、あまり良くない状況を指すんだよ。

「Vibes(バイブス)」は、その人の感情やスタイルも表現する

だけど、ただ「雰囲気」を表現するだけじゃなくて、「Vibes」はその人の感情やスタイルをも表現するんだよね。

だから、あなたが聴いている音楽、着ている服、持っているアクセサリーなど、それら全てが「Vibes」を作り出すんだ。

「Vibes(バイブス)」は音楽における超重要キーワード!

そして、「Vibes」は音楽、特にヒップホップやR&Bの世界では超重要なキーワードなの。

曲がどんな「Vibes」を持っているかによって、それがパーティー向けのアップテンポな曲なのか、リラックスできるダウンテンポな曲なのか、それとも心に深く響く感情的な曲なのかが決まるんだよね。

「Vibes」を理解しているかどうかは、音楽をどれだけ深く理解できるかに直結しているから、これは必ず覚えておいてほしいな!

「Vibes(バイブス)」は、「共鳴」や「一体感」

でも、「Vibes」にはもう一つ、少し違った意味もあるんだ。

「Vibes」は、「共鳴」や「一体感」を表すこともあるんだよね。

だから、「We’re vibing」って言った時、それは自分たちが同じ波長に乗っていて、良い関係を築いていることを示すんだ。

 

「Vibes(バイブス)」の用例を学ぼう!

「Vibes(バイブス)」の用例を探求してみよう!🎵

次の「Vibes(バイブス)」はどういう意味かな?

さて、ここでちょっとしたQuiz!以下のリリックは「Vibes」をどう使っているか分かる?

「This beat got me vibin’, I’m lost in the music,
No bad vibes around, we just refuse it.」

その通り!このリリックでは、「Vibes」は音楽との一体感と、ポジティブな雰囲気を表現しているよね。

ラッパーは自分が音楽に没頭していて、周囲にはネガティブな雰囲気は一切ないと言っているんだ。

さあ、「Vibes(バイブス)」を使ってみよう!

それじゃあ、ここで「Vibes」を使った一節を自分で書いてみよう。

「うちの新曲、聴いたらめちゃくちゃ良いVibesが感じられるよ」って感じかな。

うん、うちの新曲、超ポジティブなエネルギーが溢れてるよ!

 

自分なりの「Vibes(バイブス)」を見つけてね!

みんなも自分なりの「Vibes」を見つけて、それを自信を持って表現することが大切だよ。

自分だけの音楽、スタイルを見つけて、それを「Vibes」として感じてみてね。それがヒップホップの世界だからさ!

それじゃあ、この辺で。次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!それでは、Keep Vibin’, Peace Out!✌️💕

 

Roc Nation
¥800 (2024/03/04 21:33:06時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次