MENU

「Storytelling(ストーリーテリング)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「Storytelling(ストーリーテリング)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃです!ヒップホップ界の情報、チェックしてる?今日も一緒にラップの世界を掘り下げていこうぜ!🔥

今日のテーマは、「Storytelling(ストーリーテリング)」だよ。ヒップホップヘッズにとってはおなじみの単語だよね。「Storytelling」って言うと、一体何を想像する?

 

「Storytelling(ストーリーテリング)」は物語を語ること。でもそれだけじゃないよ!

「Storytelling」の基本的な意味は、文字通り「物語を語ること」だよ。

だけどヒップホップの世界では、単なる物語を語ること以上に深い意味を持つんだ。

「Storytelling(ストーリーテリング)」は、ラッパー自身の経験や見たこと、感じたことをリリックとして綴ること

ラップの中での「Storytelling」は、ラッパーが自身の経験や見たこと、感じたことをリリックとして綴ること。

そのストーリーは、彼らの成長、挫折、成功、恋愛など、様々なテーマに触れることがあるんだよね。それがリスナーにとっては、ラッパーの世界観に触れる貴重な機会となるわけだ。

「Storytelling」の鍵は、どのように語るか、どのようにリスナーの心に響かせるか

だけどね、ただストーリーを語るだけじゃなくて、どのように語るか、どのようにリスナーの心に響かせるかが「Storytelling」の鍵なんだ。

それが「Rhyme」(韻を踏むこと)や「Flow」(フロウ、リズム感)と結びついて、ラッパーならではの表現となるんだよね。

そして、「Storytelling」は、ラップのリリックによく現れる。ラッパーたちは、自分の「Story」をリリックで語り、その感情や経験を聴く者に伝える。

だから、リリックを理解するときには、「Storytelling」を理解しているかどうかが重要なんだ。

EminemやThe Notorious B.I.G.は「Storytelling」の名手

例えば、名曲「Stan」を歌ったEminemや「Juicy」を生んだThe Notorious B.I.G.は、「Storytelling」を巧みに使ったラッパーとして知られてるよね。

 

「Storytelling(ストーリーテリング)」の用例を学ぼう!

次の「Storytelling(ストーリーテリング)」はどういう意味かな?

さて、ここでQuiz!以下のリリック、「Storytelling」はどのように活用されているかわかる?

「Back in the days when I was young, I’m not a kid anymore,
But some days I sit and wish I was a kid again.」

その通り!このリリックでは、ラッパーは自分の若い頃を思い出し、成長とともに失った無邪気さに対するノスタルジーを表現している。これが「Storytelling」の例なんだよ。

さあ、「Storytelling(ストーリーテリング)」を使ってみよう!

さて、「Storytelling」を使って一節を書いてみよう。

「うちの初めてのラップ体験、それがまさにStorytelling」って感じかな。

「初めてマイクを握ったあの日、うちの心の中に生まれたリリック、それが今のうちを作っている」…うん、これだね!

 

自分なりに「Storytelling(ストーリーテリング)」で表現してね!

みんなも自分だけの「Story」を見つけて、それを自信を持って表現することが大切だよ。自分の経験や感情を「Storytelling」として表現してみてね。それがヒップホップの世界だからさ!

それじゃあ、この辺で。次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!それでは、Keep Storytelling, Peace Out!✌️💖

 

ワーナーミュージックジャパン
¥1,334 (2024/04/21 10:15:48時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次