MENU

「Session(セッション)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「Session(セッション)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは!みれぃです。今日も一緒にヒップホップの世界を旅しようぜ!ヘッズの皆さん、常に新しいビートを求めてるよね?

今日は、その求めている音を紡ぎ出す重要なセッション「Session(セッション)」についてお話しするよ。

 

「Session(セッション)」は、ミュージシャンが集まって音楽を創る時間、場

「Session」と聞いて、何を思い浮かべる?音楽制作の場?仲間内のフリースタイルバトル?そう、それ全てが「Session」だよ。

「Session」は一言で言うと、ミュージシャンが集まって音楽を創る時間、場のことを指すんだ。

でも、ただ音楽を作ってるだけじゃない。創造性を発揮し、新たなアイディアを生み出すことが大切なんだよ。

「Session(セッション)」は、ラッパーの聖地

ヒップホップにおける「Session」は特に重要。ラッパー、ビートメイカー、DJたちが一緒になって音楽を作り出すんだ。

だから、そこには創造性とスキルが詰まった時間と空間が生まれる。だからこそ、「Session」はラッパーたちにとって聖地みたいな存在なんだ。

「Cypher」も、「Session(セッション)」の一種

たとえば、「Cypher」って言葉を知ってる?これもヒップホップ界ではよく使われるスラングで、「Session」の一種だよ。

ラッパーたちが円を作って、一人ずつ中央に出てフリースタイルでラップを披露するんだ。これがまさに「Session」の醍醐味。

誰もが自分のスキルを競い合い、互いに高めあう場なんだ。

「Session(セッション)」は、一緒に時間を過ごすこと

でもね、ヘッズたちが言う「Session」にはもう一つ、独特の意味もあるんだよね。それは「一緒に時間を過ごす」、「楽しむ」って意味も含んでいるんだ。

「Yo, let’s have a session」って言ったら、それは「一緒に音楽を作ったり、聞いたり、楽しもう」って提案なんだ。

 

「Session(セッション)」の用例を学ぼう!

次の「Session(セッション)」はどういう意味かな?

さて、みんなに一つQuizを出してみよう。以下のリリックは「Session」をどう使っているか分かる?

「Last night had a crazy session, yeah we made it happen,
Spitting bars until the dawn, man, that’s our passion.」

そう!このリリックでは、「Session」は音楽制作やフリースタイルラップの時間と場を表してるよね。

ラッパーたちは夜通しバースを吐き続け、自分たちのパッションを形にしている。これがまさに「Session」の象徴なんだよ。

さあ、「Session(セッション)」を使ってみよう!

それでは、みんなにも「Session」を使った一節を考えてみて!

「私たちのストリートスタイル会議、それがまさにSession」って感じかな。

うん、うちらのスタイル話し合い、すごく刺激的だよ!

 

自分なりの「Session(セッション)」を見つけてね!

ヒップホップはただ音楽を聴くだけじゃなく、自分自身を表現し、創造性を解き放つための場なんだよね。

だから、自分だけの「Session」を作り出すことが大切。それがあなたの音楽、あなたのヒップホップになるんだよ。

それでは、この辺で!次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!それでは、Keep the Sessions going, Peace Out!

 

¥1,720 (2024/07/22 07:57:45時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次