MENU

「OG(オージー)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「OG(オージー)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃだよ!ヒップホップのビートが響いているかい?今日も一緒にこの音楽の世界を旅しよう!

さて、今日はみんながラップを聴くときにちょっと立ち止まってしまうかもしれないスラング、「OG」について語っていこうと思う。

ラップを愛するヘッズなら、「OG(オージー)」って聞いたことがあるよね。

 

「OG(オージー)」はオリジナルや元祖?ちょっと違うよ!

「OG」の基本的な意味は、「Original Gangster」の略で、オリジナルや元祖という意味を持つ。だけど、ヒップホップの世界では少しニュアンスが違うんだよね。

「OG(オージー)」は、尊敬される存在を指す

そこには「尊敬を表す」、「長年の経験を持つ」、「その界隈で一定の地位を確立している」といった意味が込められているんだ。

だから、「OG」はラップの世界で、その業界の先駆者やベテラン、または尊敬される存在を指すんだ。

それはラッパーだけじゃなくて、プロデューサーやDJ、そしてストリートカルチャーに影響を与えた人々全般を指すこともあるの。

それぞれがその分野で「リアル」を追求し、自分のスタイルを築き上げ、その道を切り開いたからこそ「OG」って称されるんだよね。

ラップの歌詞に「OG」が出てくるときは、自分がこの業界でどれだけ経験を積み重ね、どれだけ自分のスタイルを確立してきたかをアピールするために使われることが多い。

または、敬意を表すために、他の「OG」を引き合いに出すこともあるんだ。

「OG(オージー)」は、リアルであり続けること

でも、「OG」にはもう一つ、ちょっと違った意味もあるんだよね。それは「リアルであり続ける」、「トゥルー・トゥー・マイセルフ(自分自身に忠実である)」という意味があるんだ。

だから、ラッパーが「OG in the game」という場合、それは彼がこの業界で自分の信念に従ってずっと活動してきたことを示しているんだよ。

 

「OG(オージー)」の用例を学ぼう!

次の「OG(オージー)」はどういう意味かな?

さあ、ここでQuizの時間だ!以下のリリック、「OG」はどういう意味で使われているか分かるかな?

「From the streets to the studio, yeah I’m an OG,
Never switchin’ up, always keep it 100, you know me.」

そう!このリリックでは、「OG」はそのラッパーが自分の原点を忘れず、ずっとリアルでい続けていることを強調しているんだ。

ストリートからスタジオまで、彼は一貫して本物の自分を貫いている。これこそが、「OG」の真の意味なんだよ。

さあ、「OG(オージー)」を使ってみよう!

それじゃあ、「OG」を使った一節を自分で書いてみよう。

「うちの好きなアーティストはOG、いつもリアルで、その音楽は常に本物だ」って感じかな。

うん、いつも本物の自分を見せてくれるアーティストこそが「OG」だよね!

 

自分なりの「OG(オージー)」を見つけてね!

あなたも自分の「OG」を見つけて、それを大切にすること。自分が尊敬する人を見つけ、それから学ぶこと。それがヒップホップの世界だからさ!

それでは、この辺で。次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!それでは、Stay OG, Peace Out!

 

ユニバーサル
¥1,390 (2024/05/26 03:11:01時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次