MENU

「New school(ニュースクール)」ヒップホップ用語・スラングの意味と解説

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「New school(ニュースクール)」は、ヒップホップ用語・スラングとしてどのような意味があるの?用例も併せて学ぼう!

こんにちは、みれぃです!今日もヒップホップの世界に一緒に飛び込んでいこうぜ!

前回は「Old school」について語ったけど、今回は関連するワードを掘り下げていこうと思います。それは、ラップ界の「New school(ニュースクール)」だよ。

 

「New school(ニュースクール)」は、1980年代中期~90年代初頭に生まれたスタイル

「New school」って聞いたことある?ヒップホップの音楽やスタイルを語る時に絶対に欠かせないフレーズなんだよね。

基本的に、「New school」は1980年代中期から90年代初頭にかけて生まれた新しいスタイルのヒップホップを指すんだ。

これに対して、その前の1970年代後期から80年代中期までのスタイルを「Old school」と呼ぶんだったよね。覚えてる?

「New school(ニュースクール)」の特徴は、テクニカルなライムと複雑なビート、サンプリング技術の進化

「New school」のラップは、テクニカルなライムと複雑なビート、サンプリング技術の進化が特徴で、ヒップホップをより芸術的な表現へと進化させたの。

そして、それは今も続いていて、今のラッパーたちの多くは「New school」の影響を受けているんだ。

「New school(ニュースクール)」の、音楽にとどまらない影響力

「New school」はただ音楽だけじゃなくて、ファッションやアート、スラングまで影響を与えているんだよ。

だから、現代のヒップホップカルチャーを理解するためには、「New school」を理解することがキーになるわけ。

でもさ、ただ理解するだけじゃなくて、「New school」のエッセンスを自分のスタイルや表現に取り入れることも大事なんだよね。

「New school」のスタイルを持つラッパーたちは、自分たちの「Swag」(スワッグ=自分だけのスタイルやカリスマ性)を見せつけるんだ。

 

「New school(ニュースクール)」の用例を学ぼう!

次の「New school(ニュースクール)」は、どういう意味かな?

さて、ここでちょっとしたQuiz!以下のリリックは「New school」をどう使っているか分かる?

「Yeah, I’m reppin’ new school, my flow is outta sight,
Stuntin’ in my Yeezys, yeah, my swag is so tight.」

そう!このリリックでは、「New school」は新しいスタイルやフロウを誇示する意味で使われているよね。

リリックの中で、ラッパーは自分のフロウ(リリックをどのようにラップするか)とスワッグ(スタイルやカリスマ性)を自慢しているわけ。これがまさに「New school」の精神なんだ。

さあ、「New school(ニュースクール)」を使ってみよう!

それじゃあ、ここで「New school」を使った一節を自分で書いてみよう!

「うちのフロウはNew school、ヒップホップ界の新風を吹き込んでる」って感じかな。

うん、うちのライム、絶対新鮮だよ!

 

自分なりの「New school(ニュースクール)」を見つけてね!

みんなも自分なりの「New school」を見つけて、それを自信を持って表現することが大切だよ。

自分だけのスタイルを見つけて、それを「New school」として見せつけてみてね。それがヒップホップの世界だからさ!

それじゃあ、この辺で。次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。待っててね!それでは、Stay New School, Peace Out!

 

¥2,433 (2024/05/25 13:10:00時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次