MENU

Run-DMCの名曲『My Adidas』感想・レビュー

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

踊りながら歌おう!Run-DMCのアンセム『My Adidas』を紹介

イルでドープなみれぃだよ!どうしてる?今日もヒップホップのビートに乗って世界を探索しよう!

今回は、私が大好きなヒップホップグループ、Run-DMCのおすすめの一曲、『My Adidas』について話したいと思うんだ。この曲、まさにストリートファッションとヒップホップが融合した名曲だよね。

 

『My Adidas』の概要

この曲は、Run-DMCの3rdアルバム『Raising Hell』(1986年リリース)に収録されているんだ。このアルバム、まさにヒップホップがメインストリームに飛躍するきっかけを作った重要な作品だよね。

『My Adidas』って曲、本当にドープだと思わない?この曲のすごさは、リリックの力強さとストリートのリアルさ、そしてファッションへのこだわりにあるんだと私は思います。

アディダスのスニーカーへの愛

リリックはもちろん、Run-DMCのメンバー、Run, DMC, Jam Master Jayによって書かれていて、彼らの好きなアディダスのスニーカーへの愛が歌われているんだ。

この曲を通じて、彼らは自分たちのライフスタイルとアイデンティティーを見事に表現しているよね。スニーカーが単なるファッションアイテムではなく、自分たちのライフスタイルそのものを象徴しているんだ。

フロウとスクラッチのハーモニー

そして、フロウも本当に素晴らしい。RunとDMCのフロウは力強く、そしてJam Master Jayのスクラッチは圧巻。それぞれが個性的で、それぞれのフロウとスクラッチが重なり合って一つのハーモニーを作り出している。

ハードなビート

ビートについては、そのサンプルの使い方が新鮮だったよね。ハードなビートがストリートの雰囲気をリアルに表現していて、彼らのサンプリングはその時代のヒップホップに新たなトレンドを打ち出したと思わない?

『My Adidas』を聴くと、まさにストリートのエッセンスが感じられるんだよね。彼らのリリックとフロウ、そしてそのビートが混ざり合って、ストリートが目の前に広がる感じなの。

 

スニーカーを履いてストリートを闊歩

この曲を何度も聴いていると、自分自身がスニーカーを履いてストリートを歩いている感じがするの。リリックを一つ一つ解析しながら、彼らのメッセージを探る。それがこの曲を聴く醍醐味だよね。

うちが『My Adidas』をヘビロテな理由は、そのストリートのエッセンスをリアルに感じられるから。ストリートファッションが好きな私にとって、そのリリックから感じられるストリートのエッセンスは、自分のファッションや行動に大きな影響を与えているんだよね。

この『My Adidas』、ヒップホップヘッズだけでなく、一度は聴いてみてほしいと思います。そのリリックとフロウ、そしてビートが生み出す世界は、確実にあなたの視野を広げてくれるはずです。

 

『My Adidas』を聴いてみよう!

それでは、みなさんもRun-DMCの『My Adidas』で、一緒にストリートのエッセンスを体験しませんか?ミュージックを通じて、私たちの心はつながっている。それは私たちが同じ音楽を共有し、同じ思考をすることから生まれる絆なんだよね。

次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。楽しみにしててね!それでは、ワンラブ!

RUN DMC – My Adidas (Official Audio)

Amazon Music Unlimited

¥250 (2024/07/21 22:55:11時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次