MENU

Run-DMCの名曲『It’s Like That』感想・レビュー

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

Run-DMCの名曲『It’s Like That』- ヒップホップの原点を彩るクラシック

イルでドープなみれぃだよ!みんな、どう?今日もヒップホップのビートに合わせてリズム取ってみない?

今回紹介するのは、私が超リスペクトしているヒップホップグループ、Run-DMCの一曲、『It’s Like That』について語っていこうと思うんだ。

 

『It’s Like That』の概要

この曲は、Run-DMCのデビューシングル(1983年リリース)として世に放たれ、彼らの名前を一躍知らしめた名曲だよね。

『It’s Like That』って曲、知ってる?私はこの曲のメッセージ性の強さと、リアルさに惹かれてるんだ。

米社会の問題や彼ら自身の経験がリアルに描かれたリリック

リリックは、もちろん、Run(Joseph Simmons)、DMC(Darryl McDaniels)、そしてJam Master Jay(Jason Mizell)の各メンバーによって書かれていて、アメリカ社会の問題や、彼ら自身の経験がリアルに描かれているんだよね。

彼らの言葉からは、アメリカのストリートの厳しい現実や、そこで生き抜くためのメッセージを感じることができるの。

まるで、自分がストリートでバトルをしているかのような錯覚を覚えるくらい。

鮮やかなフロウ

フロウについても一言で言えば、「鮮やか」。RunとDMCの交互のラップは、まるで二つのボイスがダンスをしているよう。

それぞれが個性的で、それぞれのフロウが一つのリズムを作り出しているんだ。

Jam Master Jayのスキル光るビート

そして、ビートについては、Jam Master Jayのスキルが光ってるよね。

そのビートはストリートの厳しい現実をリアルに表現していて、彼のドラムマシンとターンテーブルの使い方は、その時代のヒップホップサウンドに新たな道を開いたと思わない?

 

目の前に広がるNYのストリート

『It’s Like That』を聴いて、私が感じるのは、まさにストリートの厳しい現実。彼らのリリックとフロウ、そしてJam Master Jayのビートが混ざり合って、ニューヨークのストリートが目の前に広がるんだよね。

うちが『It’s Like That』に夢中な理由は、そのストリートのリアルさを感じられるから。

この曲を何度も聴いていると、彼らのメッセージにどんどん引き込まれてしまうの。リリックを一つ一つ解析しながら、彼らが何を伝えたいのか、それを探る。それがこの曲を聴く醍醐味だよね。

この『It’s Like That』、ヒップホップヘッズだけでなく、一度は聴いてみてほしいと思います。そのリリックとフロウ、そしてビートが生み出す世界は、確実にあなたの視野を広げてくれるはず。

 

『It’s Like That』を聴いてみよう!

それでは、みなさんもRun-DMCの『It’s Like That』で、一緒にニューヨークのストリートを体験しませんか?音楽を通じて、私たちの心はつながっている。それは私たちが同じビートを感じ、同じメッセージを共有することから生まれる絆なんだよね。

次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。楽しみにしててね!それでは、ピースアウト!✌️💖

 

Arista
¥1,812 (2024/06/15 05:54:56時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次