MENU

Afrika Bambaataaの名曲「Planet Rock」感想・レビュー

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

Afrika Bambaataaの名曲「Planet Rock」:未来への音楽的大冒険

What’s good fam, スーパー・フレッシュなみれぃです!ヒップホップヘッズのみんな、元気に過ごしてる?今日も一緒にヒップホップの深淵を覗いてみませんか?

今日は、ヒップホップの歴史に名を刻んだ一曲、Afrika Bambaataaの「Planet Rock」について語りたいと思います。聴いたことあるかな?

 

「Planet Rock」の概要

この曲は、1982年にリリースされたAfrika Bambaataa & the Soulsonic Forceのシングルで、ヒップホップの誕生と共にエレクトロミュージックの一翼を担った名曲だよね。

そう!「Planet Rock」は、ヒップホップだけでなくエレクトロニック・ダンス・ミュージックのルーツにもなった楽曲なんだよね。

Afrika Bambaataaについて

この曲について語る前に、まずAfrika Bambaataaについて少しだけ触れておきたいと思います。彼は、1970年代から1980年代にかけてのヒップホップシーンのパイオニアで、ブロンクス出身の彼はブロックパーティーやDJバトルからヒップホップカルチャーを形成したの。

メッセージ性の強いリリック

「Planet Rock」、すごくエネルギーを感じる曲じゃない?そのエネルギーの源泉は、リリックとフロウ、そしてビートにあると私は思ってるよ。

まずはリリックについて語りたいんだけど、Afrika Bambaataaのリリックは本当に意味深だよね。彼のリリックからは、ブロンクスのストリートでの生活、そしてヒップホップカルチャーへの深い愛情を感じることができる。これがまさにストリートのリアルさだよね。

エネルギッシュなフロウ

そして、そのフロウも絶品。Afrika Bambaataaのフロウは、力強く、ダイナミック。リズミカルでエネルギッシュなフロウは、リスナーを彼の世界観へと引き込む。

ストリートの息吹感じるビート

そして何と言っても、この曲のビートがすごい。この曲のビートは、エレクトロ音楽とファンクの融合で、それがストリートの生の感情を緻密に表現しているんだよね。そしてそのビートは、その時代のヒップホップのサウンドに新たな風を吹き込んだと言っても過言ではない。

ちなみにこの曲は、Kraftwerkの「Trans-Europe Express」をサンプリングしたもので、ドラムマシンのRoland TR-808が使用されています。そのビートはエレクトロニックで、当時としては斬新なサウンドだったよね。

 

ブロンクスのストリートのリアルなエネルギー

「Planet Rock」を聴いて、うちが感じるのは、まさにブロンクスのストリートのリアルなエネルギー。リリックとフロウ、そしてビートが混ざり合って、ストリートの息吹を感じることができるんだよね。

この曲を何度も聴いていると、彼の世界観にどんどん引き込まれてしまうの。リリックを一つ一つ解析しながら、彼のメッセージを探る。それがこの曲を聴く醍醐味だよね。

「Planet Rock」を推す理由は、そのストリートのエネルギーとリアルを感じられるから。

この「Planet Rock」、ヒップホップヘッズだけでなく、一度は聴いてみてほしいと思います。そのリリックとフロウ、そしてビートが生み出す世界は、確実にあなたの視野を広げてくれるはず。

 

「Planet Rock」を聴いてみよう!

それでは、みなさんもAfrika Bambaataaの「Planet Rock」で、一緒にブロンクスのストリートを体験しませんか?ミュージックを通じて、私たちの心はつながっている。それは私たちが同じ音楽を共有し、同じ思考をすることから生まれる絆なんだよね。

次回も新たなヒップホップの話題でお会いしましょう。楽しみにしててね!それでは、キープ・イット・リアル、ピース! One Love!Peace!

Amazon Music Unlimited

¥600 (2024/07/22 06:42:06時点 Amazon調べ-詳細)

ヒップホップ用語・スラング単語帳をチェック!

これだけは聴きたい”エミネム”の代表曲 Deep Dive!💥

みれぃも愛用中♪Amazon Music Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次